サイト内の検索
女神転生DB検索
メインメニュー
CGIで作ったゲーム
ゲームのダウンロード
Javaアプレットのゲーム
その他メニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

その他 : これまでで一番面白いカルドセプト
投稿者: カエルさま狂徒 投稿日時: 2012-7-15 0:40:47 (1566 ヒット)

カルドセプトが面白いのは言うまでも無い事ですが、
今回のカルドセプトはシリーズ最高です。

ちょっと嬉しいのがドローポーズ機能。
要はCPUが引いたカードをじっくり読める機能。
初心者向けの機能として導入されたようですが、
カードテキストを読むのが大好きなぼくにとっても待望の機能でした。
というか、旧作と同名のカードでも能力が変わっているケースは多いので、
経験者にも必要な機能のはず。
なぜ今まで無かったのか。

他にもいろいろとインターフェース面で洗練されており
わりと真面目に「任天堂のプロデュース能力すげー」と思いました。


そして何より「おまかせブック(=シールド戦)」が面白い。
シールド戦には
「カード資産に左右されない」
「どんなカードが来るかわからないワクワク感」
の2つの長所があり、これに比べれば
「デッキ構築の楽しみが無い」という短所はささやかなものです。

先週までは「何でおまかせブック専用のフロアが無いんだ」などとぶつくさ言いながら
ビギナーフロアでおまかせブックをプレイしていたのですが
昨日ついにおまかせブック限定フロアが設置されました。嬉しすぎ。

なかなか勝てません。
対人戦の経験の浅さが露呈している感じ。
いわゆる「天然ラントラ」をやるべき状況に気づかなかったり。
通常使わないようなアイテムカードが出てくるので計算ミスしたり効果を間違えたり。
やや酷いありさま。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.